仕事中に考えること

アロマ&ボディケア

おはようございます!

昨日でGWが無事に終わり、

臨時で自分にご褒美をあたえた昨夜。

車通勤なので元より家飲み派の私。

次の日も仕事につき、500mlの発泡酒を

ターちゃんと半分こで自粛した。

仕事中に迷う事

ボディケアで腰と背中が硬いお客様に、

施す手技でたまに迷う事がある。

私自身の問題で、出来たりできなかったりする微妙な手技がある。

当然ながら椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症など、

疾患ある方には施さない。

体重100kg超える方もにも施さない。

腰方形筋ストレッチ「8の字運動」させる

ザックリ説明する。

「うつ伏せになっている

相手の足に自分の足を絡めつつ

上下運動をさせつつ、腰や背中を押す」

八の字テクニックの枕の入れ方

なぜ、出来ない人がいるのか

それは、

私の身長が低いため(154cm)

なおかつ

お客様の身長が高く、程よく横にも大きい場合。

膨らむ、妄想&恐怖

やみくもにチャレンジすると、

①自分のふくらはぎが釣りそうになる

②自分の股間が裂けそうになる

↑ここまでは、実際に経験済み。

大丈夫!何とかなる範囲内。

↓ここから、妄想が広がる。

③お客様がベットから落ちるんじゃないかと、恐怖を感じる

④ ③の落ちたお客様が自分の片足立ちの上に落ちてくるんじゃないかと、恐怖を感じる

⑤ ④の結果、自分大怪我するんじゃないかと、恐怖を感じる

⑥ ⑤の結果、仕事休まなきゃなくなると、恐怖を感じ

⑦ ⑥の結果、収入が無くなり人生が詰むんじゃないかと、恐怖を感じる。

妄想は悪いほうへと膨らみやすい。

しかし、この手技は即効性があり、

腰方形筋のみならず

大腰筋、腸骨筋、脊柱起立筋

その他、様々な周囲の深層筋が

一気に柔らかくなる。

安全に行うために、自分なりに工夫をしている。

「8の字運動」するときに工夫していること(3つ)

重要①必ず、「声掛け」しながら「8の字運動」

腰がカチカチだと、初めの体勢すら

きつい場合がある。

体勢きつくないか確認してから、8の運動に入り

次に動きがきつくないか確認してから、運動を持続する。

かなり重要②お客様が起きているうちに「8の字運動」

お客様に「こっちの足上げてください」

頼むと、脚を上げてもらえて、スムーズに手技に入れる。

寝てしまってると、ダラーんと脱力した足を上げなきゃいけなくなる。

大きい人だとかなり大変になる。

これも大事③もみほぐしで、背中、腰、臀部、ハムストリングを

ほぐしてから「8の字運動」

ほぐしてある程度血流を良くし

筋肉が柔らかい状態で行う。

以上、3つの工夫をしている。

もちろん、出来そうにない場合は施さないで、

他の適した手技を採用する。

昨日は「8の字運動」を迷ったお客様にお二人遭遇したが、

無事に実施できた。

無事に手技が成功すると

心の中で小さくガッツポーズする私。

以上、無言で粛々と、

施術ながら考える事でした。

また明日!

コメント

タイトルとURLをコピーしました