自分たちが受けて感じた「こんなお店は嫌だ」

雑記

むかしあるスタッフさんがお客様に、あり得ない接客をしたのでみっちり注意したことがあります。

自分もお店などで接客を受けた際など、「これは、嫌だわ~」と感じた体験がありました。

そこで当時いたスタッフさん全員に協力をお願いし、自分がされて嫌だと感じたお店の体験を書き込みしてもらいまとめて情報共有した。

自分たちスタッフが実体験で「これはダメ!」と感じたことを自分たちのお店に再現してしまうことがないようにネガティブな内容になるけれど役に立ちました。

今日はそのときのお話です。

【スタッフアンケート】こんなお店や接客は嫌だ 5選

1 汚い、臭い店(清潔感がない店)

リラクゼーション店であれ飲食店であれ、接客業であれば最重要なところだと思います。

現在はコロナの感染予防対策もあり、当然ながらさらにシビアにチェックするようになっている。

店内や、施術ベット周り、待合い、更衣室の乱れや汚れ。

施術のタオルの匂いや、多端であっても乱れていたり、ピシッとなっていなかったり。

2 待たされた、放置された

(共通)呼んだのに店員がなかなか来ない。

・(飲食注文を忘れられて、後できた他のお客さんに料理が届いていた。

・(飲食)料理が来たのに箸がない、しかもなかなか持ってこない。

お客様は時間とお金を両方使っています。

人件費の問題もあるが、出来るだけ待たせない為の工夫が必要と感じました。

3 スタッフの声がうるさい

・(リラクゼーション店)スタッフ同士の雑談の声が大きい。

・(リラクゼーション店)控室らしきところから、笑い声や雑談の声が聞こえる。

施術を受けているお客様は、決して寝ているわけではありません。

お店の様子をよく聞いているし、よく見ています。

・(飲食店)お客さんがいる中で店長らしき人がスタッフを怒鳴る。

怒鳴り声を聞きながらお金出してご飯食べるお客様の身になってください(涙)

4 スタッフが不愛想またな慣れならしいため口

・(接客業共通)「やる気が見られない店員」や「やらされている感でいっぱい」の店員。

割といろんな場面でよく見かけるきがします。

・(接客業共通)自分が担当する以外のお客様を無視する店員。

手が離せない場合なら「いらっしゃいませ!」の声かけ、声が出せないなら会釈くらいならは出来るはずです。

自分の大事なお金と時間を使っているお客様に、「welcomeを伝えたいですね。

・(美容室、リラクゼーション店)スタッフさんがため口。

親近感のアピールか?親と子供くらいの年齢差があっても「?」となる。

長年のお客様との関係でそうなれるのは素晴らしいと思うが、それ以外のフリーの新規客さんなどにはあり得ない話し方です。

当たり前ですが、ため口を良しとしない人は圧倒的に多数です。

5 施術スタッフの技術が低い

同業者には当然厳しい評価をします。

・値段に技術が伴っていない。

最安値で60分2,000円を切っている店もあれば、60分で10,000円を超える高級店もあります。

安いお値段で下手ならば「しょうがないか」となるが、それなりに高ければ期待値が上がります。

技術でお金をもらう以上、避けられない評価材料です。

・施術について、要望を出したら「出来ない」と言われた。

何故出来ないか、、、説明がなかったようです。

お店そのものの禁忌なのか、施術者の技術の問題で出来ないのか説明は重要です。

「これはできないが、代わりにこういう体に合いそうなコースがあります」などの提案できるように技術力に会話力も重要です。

・技術が雑、的外れ、そもそも真剣さに欠けている。

経験浅いスタッフさんでも3年以上のスタッフさん達だったので、施術者の技術力と手を通じて伝わってくる「気」をビンビンと感じ取ります。

実は「手で触れる」って、怖いくらいに相手に自分が伝わってしまいます。

説明が難しいのですが、手にはそういう力があります。

なので、私は体調やメンタルを整えていないと自身もって仕事に臨めません。

・お金を払っているのに、練習台にされた感がかる。

新人さんに当たったのか、新しい技術を身に着けてなれていないのかのどちらかですかね?

あとに続く新人さんを育てるの大事ですが、わかっていますが自分が当たると凹みます(笑)

下手にあたったら「それは昨日の自分」と自分のために昇華させましょう。

まとめのようなもの

普段の生活で、例えば買い物をしたときや、飲食店で食事をしたとき、はたまた同業のお店でリラクゼーションを受けたとき、「これはいい!真似しよう!!」とか「これは、、いけないな、自分は似たことしていないかな、、、?」とか、多からず少なからず刺激までいかないだろうが「気づき」が必ずあると思います。

良いものは取り入れて、ダメと感じたら「自分やってないか、、?」とフィードバックしてより良い接客できるようにしていきたいですね。

だめな接客も「反面教師」と昇華しましょう。

以上、終わります!

コメント

タイトルとURLをコピーしました