リラクゼーション店で、予約が取れなかったお客様への対応

アロマ&ボディケア

おはようございます。

昨日の開店前の予約状況は、夕方あいていた。↓

上が私の予約状況

最終的にどうなったか、↓

埋まりました!

お店のスタッフさん達も、しっかり埋まっていて上々だった。

さて、今日はどうだろう、、、?

上から2番目が私の集客状況

昨日残念だったことと、予約取れないお客様多数

残念なのは、カウンターにやってきて「空いていたら揉んでほしい」と予約なしでやってきた来店頻度があまり高くないお客様を、2時間、3時間待ちになるために帰してしまったことだ。

この様に、予約に繋がらなかった場合わたしのお店では「『帰客』を出す」と呼んでいる。

昨日は電話での問い合わせも含めて『帰客』5名はいた。

コロナ過の「三密対策」で、土日祝日でも出勤人数をセーブせざるを得ない。

しょうがない。

一人の人が、『帰客』が2回3回続くとどうなるか、

「ここはいつも混んでる」

「この間も混んでいて入れなかった」

「隣の駅前に似たお店あったな、そっちの違う店にいってみようか

と、他店に移って来なくなる可能性が高くなる。

『帰客券』と次回予約に繋げるためのインフォメーション

予約を取れなかった場合は、次回来店に繋がるようにインフォメーションしてお帰ししている。

具体的には、『5分無料延長券』=『帰客券』を渡しつつ、「特に土日祝日に込み合う場合があるので、事前に予約を取ることを薦めします。」とお伝えする。

『帰客券』には、電話番号を載せているので、「ここに電話してくださいと伝えたり、ホットペッパービューティーでも予約が取れるとお伝えする。

そして、大事なこと。

「今日ほ解せなくてすみません、今日ほぐせなかったお詫びを次回必ずしますので、次は必ず予約を取ってからきてくださいね。

と、気持ちを込めて一言伝える事が何より大事。

どんなに便利な予約サイトや魅力的なサービスがあっても、気持ちが込められないと人には響かない。

「仏作って魂入れず」でしかない。

指名の多い施術者は、この対応も素晴らしい

この『帰客券』の渡し方でも、指名の多い集客力のあるスタッフさんは素晴らしい。

気持ちがしっかり伝わってくる上に、

内容が簡潔で、理解しやすく、丁寧だ。

私も、真似してお伝えしている。

実際こう伝えていた。

すみません、❞(お詫び、気持ち伝える)

土日祝日込み合うことが多いので、❞(具体的なお店の状況を伝える)

出来れば、前日までに予約を取ることをお勧めします。❞(いつ頃予約をとればいいのか説明)

予約の電話番号はこちらです。❞(『帰客券』にある電話番号をみせる)

ホットペッパービューティーからも予約状況見たり、予約を取れるので是非見てください。

(具体的に予約を取れる方法を説明)

今日ほご案内できなくてすみません、次回是非いらしてください!お待ちしてます!❞(お詫びと、次必ず来てください!と前向きでウェルカムな気持ちを伝える)

自分以外の人の良いところは、必ず真似する。

成功者はどこにでもいる。

成功者の真似一つすれば、成功者に一個近づけると思う。

以上、終わり!

コメント

タイトルとURLをコピーしました