久しぶりに『脚トレ』、後半は雑記

からだとこころ

おはようございます。

5月の前半に、筋トレ中に腰を痛めてしばらく脚のトレーニングをしないでいた。

痛みも取れたしもうそろそろ脚トレしたいなと、昨日チャレンジしてみた。

今回も『スロトレ』でトレーニングを再開する。

先に肩、次に脚のトレーニング

今の筋トレルーティンは、月曜日に脚と肩金曜日に背中と胸という2分割で週二回主にしている。

たまに、平日夜に「リフレッシュ」目的で腕をサッと10~20分くらい行うこともある。

鍛える順番は、「先週は脚が先だったから今週は肩先にしよう。」と入れ替えている。

今回は暫らく怪我もあり、暫く脚トレを避けていたので先に肩を鍛える。

昨日の肩のメニュー

ショルダープレス 16kg 20x3

ダンベルショルダープレス 7.5kg 15~20x3

サイドレイズ 7.5kg 15x3

リアレイズ 7.5kg 15x3

引き続き、脚のメニュー(スロトレで)

スクワット(ローバー)30㎏ 20~15x3

ルーマニアンデットリフト 26kg 20x4

スモウスクワット 20㎏ 10x2

軽い重量でゆっくり、姿勢と腰の状態を意識しながらいい刺激が入っていくのが判る

また来週、腰の状態を気にしながらトレーニングメニューを決めよう。

筋トレしていない日でも、「来週はこの種目しよう!」とか「刺激を変えてみるのにチューブを使おう!」とか、次の筋トレに向けてメニューを決めるのも楽しい✨

雑記、武井壮に再びハマる

Youtubeで「ひろゆき」が武井壮の面白いインタビュー動画がある!

と紹介していたので、検索して動画を確認したら、武井壮に久しぶりにどハマりした。

【前編】武井壮 39歳 無名の新人時代/SMAP中居正広の前で一世一代の大勝負/
「街録ch~あなたの人生、教えてください。」より

凄い人だと認識ていたが、やっぱり凄い✨

頭脳と体力と計画力と行動力と人間力が桁違い。

あのタモリさんが興味もつのも納得する。

武井壮がどうやって今の地位やポジションを築いたかが、動画3本構成で配信している。

一番印象的だった小学生の時の話

一番印象的だった小学生のころのエピソードが簡単に言うとこんな話だ。

小3のころ、徒競走で負けそうになり登校するときに走って通うようになるが、タイムが頭打ちになる。

「やる気満々で走り出したのに、10秒位で苦しくなって走れなくなるのは何故か?」疑問が生じる。

周りの大人に聞いてみても納得のいく回答がない。

そこで、体育大学に通っている近所のお兄さんに相談したら「あ、そうなんだ!」と運動すると人体の中でこんなことあんなことが起きていのか!と知ることができた。

さらに「これあげる」と、体育大学の1年生の教科書を全部もらい小学生のうちに全部読んだ

もう小学生のうちに身体の仕組みを学術的に知り、身体を思うとおりに動かせるようにするという独自理論を確立して身体を作っていく

❝気づき❞❝調べて学んで❞❝理論をたてて実行❞

このパターンを小学生のうちにやっている。

❝凄い人は子供のころから凄い❞

エピソードはまだまだ続くが、詳しくは動画を見てほしい。

おわり、また明日!

コメント

タイトルとURLをコピーしました