他のスタッフさんのお客様を担当する

アロマ&ボディケア

昨日はいつもは入らないお客様を2名担当した。

うち一名のお話を書きたい。

上手いスタッフさんの指名客様を、指名付きで振られることがかなりある。

何年セラピストしてても結構プレッシャーだ。

背伸びして頑張っても「私は私」なので、誠意を尽くして全集中で担当する。

心を燃やせ

お客様の近況を教えてもらい「カンペ」用意

お客様の状況やどんな施術をするか確認する。

仮にTさんとしよう。

Tさんは体がかなり大きい方なので、うつ伏せや横向きがNGで仰向けか座位のみでの施術となる。

仰向け&座位での60分の施術はあまりない。

カンペ作って備える。

注意事項多い、、、。

私の頭に入りにくいので、図にしてみた。

うん、こっちのほうがしっくりする。

「カンペ」持参で60分、全集中で施術した感想は次の項で。

施術後の所見

60分全集中で頑張った私。

やはり、他のスタッフのお客様はいつも以上に燃え尽きる

教えてもらった状況は↓こうだが、

実際、担当すると↓こうと判明する。

強圧を多く求められる担当者の「弱めは」、他のスタッフにとっては「強め」であることが多い。

施術者していて、面白いと思える。

あとは「施術記録」に記入して、術後の状態を共有していく。

Tさんはもともと、ご夫婦で来店していた

今は旦那様のTさんだけが、2週間に一回位のペースで来店している。

ご夫婦で来ていた時は、私は奥様担当していた。

去年のコロナの緊急事態宣言で、お二人とも一度来店が途切れたが春先位からTさんが単身でまた来てくれるようになった。

奥様はというと、現在整形外科に通院しながら、股関節と膝の治療とリハビリでジムのプールで水中ウォーキングを始めたとのこと。

お店に通っていた時も、膝と股関節の硬さが強くって解したりストレッチしていた。

その時から整形外科通いしていたけど、仕事の忙しさもあってなかなか治療できなかったが、ここにきて本格的に通院とリハビリとジムでの水中ウォーキングをしだしたそう。

頑張った治療しても、完全には良くならないそう。

足腰は、本当に大事にしないとね~とTさんが話してくれた。

またいつか、ご夫婦で来店してほしい。

以上、終わり!

コメント

タイトルとURLをコピーしました